広々とした場所

世界への進出

設計事務所の仕事は建設とは異なり、世界中どこでも仕事が出来る。東京は国際的に注目されているので海外に設計事務所も東京の仕事には注目している。WTOの取り決めでも一定の規模の設計については市場開放をしなければならない。世界経済が低迷しているため新規の建設工事が減少しており設計業務の発注が減少している。特に、原油価格の上昇を受けて建設ラッシュに沸いていた中東地域での仕事の減少は世界的な設計事務所の業績に影響を与えている。従来では考えられないくらいの低価格で設計業務を受託しているケースもある。日本では東京オリンピック・パラリンピック関連施設の建設において国際コンペを実施しており、国内外の設計事務所が応募をした。

世界有数の設計事務所はいずれも意匠設計に重点が置かれている。日本は地震大国ということで構造面での対応が必要なため、海外の設計事務所の得意とする意匠の実現が難しい面がある。東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場の設計コンペにしても国際コンペの結果、海外の設計事務所の案は採用されたが、構造的な見直しが行われている。が以外の設計事務所は欧米、特にアメリカの超高層建物の設計で実績を積んだうえでグローバルに展開しているケースが多い。設計業務はどこでもできるということで拠点は必ずしもアメリカにおいているわけではないが、依然としてアメリカでの割合は少なくない。日本の設計事務所が海外に進出し、海外の設計事務所が日本の仕事をする時代になっている。